よこはまシニアボランティアポイント 平成31年度公式サイト

受入施設に関する質問と回答

受入施設に関して、皆様からよく聞かれる質問は下記の通りです。

 

よこはまシニアボランティアポイントについてのご質問はこちらをご覧下さい

横浜市市民活動保険についてご質問はこちらをご覧下さい

 

1.受入施設になることについて


質問 受入施設になるための条件手続き方法を教えて下さい。
回答 受入施設になるための条件は、横浜市内の施設であることが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください

また、手続き方法は以下の通りになります。

1.申請書の入手と記入
申請書はこちらからダウンロードできます

2.申請書の提出
必要事項を記入した申請書は、郵送か持込にて「横浜市健康福祉局介護保険課よこはまシニアボランティアポイント担当」へご提出下さい。
提出先:横浜市健康福祉局介護保険課よこはまシニアボランティアポイント担当(〒231-0017 横浜市中区港町1-1)

3.審査(結果待ち)
お送りいただいた申請書の審査を行います。
その間、しばらくお待ち下さい。

4.手続き完了の報告
よこはまシニアボランティアポイント事務局よりメールにて手続き完了のお知らせをいたします。

5.端末と決定通知書の送付
手続き完了後、①決定通知書と②端末(カードリーダ)をお送りします。
これにて完了です。

 

質問 ホームページ上で受入施設になるための申請はできますか?
回答 申請書の入手は出来ます。しかし、申請書には施設長(事務長)様、あるいは法人様からの承認の証明として公印をいただく必要があります。そのため、申請書に必要事項を記入(+押印)された後は、郵便にて返送願いします。

つまり、ホームページ上で手続きが全て完了するわけではありません。


質問 受入施設になると、いつ、どのような手間が発生しますか?
回答 以下のような手間が発生いたします。

・ボランティアさん受入の準備
登録されたボランティアさんを受け入れるための準備です。各種問合せ対応などがあります。

・ボランティアさんが活動する時の対応(例えば、ポイントの付与など)
ボランティアさんが活動した際にポイントを付与してあげて下さい。
ポイントの付与はカードを端末(リーダー)にかざすだけです。

活動記録簿の記入および提出
所定の用紙(フォーマット)にボランティアさんが活動した履歴を記録してもらいます。

端末(カードリーダー)故障時の対応
端末が故障した際に修理依頼などの手間が生じます。また、ポイントの修正など行っていただくこともあります。

なお、費用に関しては、①ボランティアコーディネートや事務処理をする人件費、②端末使用の電気代、③活動記録簿のFAX送信代などがあります。

 

 

2.施設内研修会の開催について

 


質問 施設内研修会とは何ですか?
回答 受入施設にてボランティア登録研修会を開くことです。
但し、開催するためには、講師資格を持った職員が講師を務めなければなりません。
全ての受入施設で施設内研修会の開催ができる訳ではありませんのでご注意下さい。
なお、講師資格を得るためには、年2回開催される(横浜市主催の)施設内研修説明会に参加いただく必要があります。
これまでは、横浜市庁舎の近くで開催してきました。開催日等については事務局までお問い合わせ下さい。


質問 施設内研修会を開催したいのですが、どこで、どのような手続きをする必要がありますか?
回答 施設内研修会を開催するためは、申請書一式に必要事項をご記入の上、開催予定日の1ヵ月前までには「よこはまシニアボランティアポイント事務局」まで郵送して下さい。申請書一式には、場所、参加予定人数、講師名などをご記入いただきます。お送りいただいた申請書の受理後は、事務局からご連絡させていただきます。なお、施設内研修会の終了後にも、簡単な報告書を提出いただきます。

 

質問 施設内研修会の講師の手配はどうすればよいのですか?
回答 原則、各施設にて講師を手配していただくことになります。

 

 

3.受入施設になってからについて

 


質問 各種変更(例えば、施設の名称、担当者の交代、活動内容の変更など)はどこに、ご連絡すれば良いですか?
回答 よこはまシニアボランティアポイント事務局(045-271-1090)までご連絡ください。


質問 端末(カードリーダー)を使うに際し、気を付けなければならないことはありますか?また使用方法を教えて下さい。
回答 以下3点にご注意下さい。
・読み込み途中に、読み込み中のカードを引っ込めてしまったり、別のカードに変えたりしないでください。
・端末(カードリーダー)に溜まったデータは、毎日、一定の時間にデータが自動送信されます。
そのため、マニュアルに記載した時間帯に必ず端末を起動させおいて下さい(電源を消さないで下さい)。
自動にてデータ送信される時間帯に端末に電源が入っていないと、データが送れないのでご注意下さい。
・ポイントカードを端末に置き、ポイントを入力したあと「実行」ボタンを2回押してください。
「実行」を1回押すだけでは入力されませんのでご注意下さい。

 

質問 端末(カードリーダー)の調子が悪い場合は、どこにお問合わせすれば良いですか?
回答 まずは、よこはまシニアボランティアポイント事務局(045-271-1090)までご連絡下さい。

 

質問 ボランティアさんに対し、「ポイント付与」以外に、送迎お菓子の提供をしているが、特に問題はないでしょうか?
回答 問題はありません。

 

質問 その他受入施設として注意しなければならないことがあれば教えて下さい。
回答 溜め込むことなく、定期的に活動記録簿の事務局まで提出するようにご協力のほど、よろしくお願いします。

 

 

▲先頭に戻る

 

 

 

登録研修会とは

ボランティア活動に参加したい横浜市在住の65歳以上の方

詳細を確認する

登録研修会のお申込

ボランティア活動を行う前に一度は参加が必要です

詳細を確認する

よこはまシニアボランティアポイント参加の条件

よこはまシニアボランティアポイントに登録ができる方は、満年齢が65歳以上の横浜市民です。(介護保険の第1号被保険者)

また、登録を希望する方は、横浜市又は横浜市が認定した研修講師のいる施設が開催する研修会に参加し、登録することが必要です。

詳細を確認する